共働き夫婦なのにお金が貯まらない3つの理由

共働きなのにお金が貯まらない・・・
共働きなのにお金が貯まっていない・・・

そのような悩みを持ったことはありませんか?

共働きの家庭は、一般的には世帯収入が多いので、片働き(夫が働きにでて、妻が専業主婦の家庭など)の家庭より貯金が多いと思われがちですが、実際のところ、意外とそうでもないようです。

共働き夫婦なのにお金が貯まらない3つの理由

姉妹サイト「働く女性の働くレシピ」にて共働き夫婦のリアルを調べてみると、共働き夫婦のお金が貯まらない理由として主に3つありました。

(1)毎月貯金額や将来における貯金額の目標をもっていない

毎月いくら貯金をしていくとか、子供の教育費など将来に必要な費用から逆算して、何年後にどのくらいのお金が必要といった貯金額の目標をもっていないためお金が貯まらないのです。

計画してても使い過ぎてしまうことや臨時の思わぬ出費もあるくらいですから、目標がないとなかなか貯金は厳しいでしょう。

(2)月に2回の給料日がリッチな気分になり浪費癖がついている

夫婦それぞれの給料日が2つあるとどうしても気持ちの面でリッチな気分になり浪費癖がついてしまうため貯金ができないのです。

外食が多かったり、お休みの日は出掛ける機会が多かったり、共に働いているためお互いがそれぞれに自分のご褒美として好きなものを買ったり、ある程度のお金が貯まると旅行に出掛けたりしてしまうのです。

浪費癖のひどい夫婦は、ボーナスで毎月の赤字を補填しているケースもあるくらいです。

共働きだから大丈夫という気持ちが将来の教育資金、老後の資金計画をどんぶり勘定にしていては、なかなか貯金は厳しいはずです。

(3)お財布を別々に別けているためブラックボックス化している

一番厄介と感じたのが、夫婦のお財布を別々にしているケースです。

家賃や食費、光熱費など生活に必要な費用をそれぞれの給料から一定額ずつ家庭用に徴収し、残りのお金の使い途はそれぞれ自由なためお金が貯まらないのです。

このケースがなぜ厄介かというと「自分のお金の使い途を干渉されたくないから、相手のお金も干渉しない」とお互いが不干渉や無関心になってしまうことです。

要するに、お互いの自由なお金の使い途が「内緒」なのです。

こうなると、チェック機能が働かないので、いくら共働きで世帯収入が高くてもお金は貯まりづらいでしょう。

中にはお互い給料をどのくらい貰っているか知らない夫婦もいるくらいですから。

夫婦のお財布をひとつにし、お金についての話し合いと目標のある共働きの家計は安心

前述のような夫婦のケースを反面教師とし、共働きの世帯年収を活かして、今を楽しむと同時に安心した貯金生活をおくるためには、次の5つのことを心掛けていきましょう。

  • 夫婦でお金のことについてしっかりと話し合う
  • 夫婦のお財布をひとつにする
  • 毎月の生活費と貯金額を決める
  • 夫も妻もお小遣い制にして、その範囲内で個人の出費はやりくりする
  • 定期的に見直しを図る

夫婦のルールの中で、家族で楽しんだり、個々の趣味を楽しみながら貯金ができるようになれば、共働きの家計は安心です。

出世や転職で給料がアップすることもあるかもしれませんが、その際も生活水準を上げるのではなく、一度夫婦で話し合ってみてください。

「毎月の生活費は旦那の給料のみを使い、妻の給料は貯金する」

現在、小さなお子様を育児中であったり、これから出産の予定があるご夫婦は、

「旦那の給料のみを使い、妻の給料は貯金する」

という方法を是非、検討してみてください。おすすめの方法です。

なぜかというと、どうしても、妊娠・出産〜育児期間中と育休明けして職場復帰した後は、妻のお給料が安定しないことが多いためです。

具体的にご説明すると、

  • 妊娠や出産時には、出産手当金があるものの、これまで貰っていた給料分貰える訳ではない。
  • 育休中も育休手当を貰えるが、これまでのお給料の半分になり、また、ボーナスもない。
  • 育休が終わり職場復帰する際も、育児をしながらフルタイムで働くことが難しくなり、時短勤務や雇用形態をパートに変えて働かざるを得ない状況に遭遇する。

これら3つの事実があるからです。
※詳しくは、「育休後に働き方を変えたワーキングマザー」にて子育てしながら働く女性のリアルをご確認ください。

妻のお給料を無いものとして考えて、旦那のお給料だけで生活していくことは、おすすめの方法です。

まとめ

最後に、

当サイトが推奨する「ともさぽ夫婦」は、それぞれのお給料をオープンにし、将来の貯蓄をしながらも今を最大限楽しむ夫婦です。

是非、ともさぽ夫婦宣言をしていただき、楽しい「ともさぽライフ」を送りましょう。

資格職で働く女性に届け