育休明けに働き方を変える(変えた)妻に夫ができる3つのこと

ワーキングマザーにとって出産・育休明け前後は「働き方」について色々と悩んだり、不安になることばかりです。

そんな時、夫は妻の悩みにしっかりと耳を傾けていますか?

特に第一子出産後の初めての職場復帰の際は、このまま正社員として働き続けた方がいいのか?育児に専念した方がいいのか?など様々な葛藤がおきます。

共働き夫婦としてお互いが、どのように仕事・育児・家事に向き合っていくのか是非、当記事を参考に話合ってみてください。

育休明けにワーキングマザーが働き方を変える3つのパターン

育休明けに仕事と育児(と家事)の両立に苦しむワーキングマザーは、様々な葛藤のあと次のように働き方を変えていきます。

1) 時短勤務制度を活用して働く

定時で退社できたとしても帰宅時間を考慮すると、保育園のお迎え時間(退園時間)に間に合わないため、時短勤務制度を活用して働きます。

時短勤務制度とは?
勤務時間を短縮して働くことができる制度のこと。法に定められたものと企業独自の判断で設けるものの2パターンがある。

小一の壁問題にあるように、子供が小学生に上がると保育園のように遅い時間まで預かってくれないため時短勤務制度を活用するケースもあります。

勤務時間が短いため、以前と同様の仕事量の場合は、以前より効率的に働かなくてはいけないですし、中には昼食時間や休憩時間を削って働きます。

保育園のお迎え時間には絶対に間に合わなくてはいけないので、とにかく仕事を終わらせることに必死です。

会社の制度とはいえ、みんなより早く帰ることに後ろめたさを感じることもありますが、何よりも一番の不満は、時短勤務ということだけで給料が激減してしまうことです。

能力は出産前と変わらないし、短時間でもこれまでと同様の成果をあげたとしても、残念ながら、時間で評価されてしまうが現状です。

2) 雇用形態を変更して働く

仕事よりも育児を優先させいたいために、正社員からパートなど雇用形態を変えて働きます。

中には、一度は正社員として職場復帰するも、正社員としての責任やプレッシャーに耐えられなくなったり、時短勤務など制度が整っていないために雇用形態を変えるワーキングマザーもいます。

雇用形態を変えると責任のある役割を任せられなくなったり、業務が雑用ばかりになったりと自分の存在価値を見失いことがあります。

また、パートになると時給換算になるので、給料や賞与が激減します。

3) 退職もしくは転職

時短勤務などワーキングマザー向けの制度が整っていなかったり、上司の理解や家族の理解がない場合は退職という道を選択します。

この場合、収入がゼロになるため、家計に大きく影響します。

また、次の職を早く見つけないと保育園に子供を預け続けられないという不安にも煽られます(保育園を強制的に退園させられるため)。

転職活動も独身時代のときとは違い、小さい子を子育てしているというだけで不利になり、思う様な転職ができないことは覚悟しなければいけません。

妻の育休明けの際に夫がすべき3つのこと

育休明け妻は、働くことに関してすごく悩まされます。そんなとき夫がすべきことは・・・。

76a49b3fda07521fa99949a0ad873216_s

 

1) 生活水準を上げない

共働き夫婦は所得に余裕があるため、生活水準を上げやすい傾向があります。

特に、昇進・昇級などで給料が上がった後や賞与が良かった後などにです。

子供ができて、働き方を変えることを予め考慮して、そのようなときでも生活水準を上げずに過ごすことが大切です。

共働き夫婦は収入が増えても生活水準を上げてはいけない6つの理由にあるように、一度生活水準を上げると元に戻すことはかなり至難の技ですから。

2) 育児・家事に協力する

夫が育児・家事に参加することで妻の負担を減らすこともそうですが、一緒に仕事と育児・家事の両立をしていくという姿勢が大事です。

世帯年収1,000万なら共働きと方働きどちらがお得?にあるように、同じ世帯年収の場合、片働きより共働きの方が手取り(可処分所得)が多くなります。

夫が長時間働いても収入がアップが見込めない場合は、育児・家事に積極的に協力した方が経済的にはお得です。

3) しっかりと受け止める

妻の本心は仕事も育児も完璧にやりたいはずです。

でも現実的にはなかなか思う様にいかないため本当に悩んでいるのです。

時短勤務。
パート。

どんな結論にせよ、妻の決断を受け止めてあげて下さい。

「給料が下がったんだから・・・」
「労働時間が減ったんだから・・・」

そんな言葉は絶対にNGです。

まとめ

共働き夫婦は、子供がいないとき(DINKS時代)は、比較的自由に使えるお金も多く、貯金もし易い状況にあったと思います。

ところが、第一子の子供が産まれた後はなかなか同じようなの生活ができなくなることが多いです。

特に経済面においては、育休明けや育休から職場復帰後1年以内、第二子の誕生を機に働き方を変えることが多く、基本的にワーキングマザーである妻の収入は大幅に減る傾向にあります。

そんなときこそ夫婦でしっかりと話し合うようにしましょう。

お金を稼ぐことも大事ですが、子供のその瞬間はそのときにしかありません。

子育てを終えたワーキングマザーは、「あのときもっと子供との時間をもてば良かった」という後悔をされている方も多くいます。
(参考)先輩ワーママからアドバイス

そのときそのときを大切に過ごされて下さい。

資格職で働く女性に届け